FC2ブログ
2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

レオナビ⑩・・・ヤマトの秘密(バックル族、バックル・クリスタル)

 【26//2012】

ヤマトやジュリアンは「バックル族」と呼ばれる光の国の中でも異質な一族の出身で、その体に蓄積できるエネルギー量は一般的な種族とかわらないが、エネルギーの消耗のスピードが早く、逆に充填されるスピードが遅いという特異体質で、元来戦士には向かない種族と言われている。
ヤマトが気付いた?ジュリアン登場


遠い昔、その特異体質のおかげで滅亡の危機にさらされた彼等の祖先が、種族の存亡を賭けて必死に生きていこうとした結果、いつしか彼等に他の種族には無い、特別な器官が備わっていた。


それが腹部に位置する「バックル・クリスタル」である。
バックル

バックル族の象徴であるこのクリスタルは、「体外バッテリー」とでも言えばいいだろうか、消耗の激しい肉体に変わって、太陽エネルギーやプラズマエネルギー、自身の活動によって生じる運動エネルギー等、各種エネルギーを蓄積するという、非常に重要な役割を担っている器官である。


他の種族達が一般的なガソリン車、電気自動車ならば、彼等一族は非常に燃費の悪いが走行中に充電を行なえる「ハイブリッド・カー」といったところか。
ハイブリッド


ただ誤解してはならないのが、そのクリスタルを持つバックル族が「秀でた一族」というわけではなく、そのクリスタルのおかげでようやく他の種族と同等の活動を可能にしているむしろ「虚弱体質」な一族なのである。
ホクトコータ

クリスタルは効率的にエネルギーを吸収するのが目的なので、重要器官で有りながらも体外に露出している。
その為、余程の事では損傷しない非常に強固な物質となっているが、外敵には狙われ易く、彼等にとってはやはり「諸刃の剣」と呼ぶべき器官であろう。
バックル



そしてこの「バックル・クリスタル」にはもう一つ重大な秘密が隠されている。


現在のバックル族にとっては、このクリスタルはあくまで「体外バッテリー」の役割を果たすだけの器官に過ぎないのだが、クリスタルは「種族の存亡」という一大事によって組成された器官だけに、本人の思念や本能と深く結びついていて、時にその肉体以上に鋭敏に反応することがあるのだ。


その顕著な例がこのヤマトである。
絶句


戦士に向かない一族に生まれ、研究者としての地位も築きあげながらも、それでも「戦士」の道を選んだこの男は、一族だけではなく、光の国の種族の中でも一番の「頑固者」と言われている。
このポーズ


そんな強い意志を持つ彼だからこそ、彼の正義感や使命感、責任感が、この「バックル・クリスタル」を通じて数々の「ミラクル」を引き起こしている。


例えば、彼オリジナルの光線技「バックル・フラッシュ」は、彼の得意技である「サクシウム・ショット」が通用しないような強敵に用いられる技で、一族の象徴でもある「バックル・クリスタル」から発射される。
バックル・フラッシュ

この技は一説によれば、光の国最強の女戦士メアリーの放つ最強の光線「M87ショット」とほぼ同等の威力と言われているが、それだけにエネルギーの消耗も甚大で、頻繁に使える技ではない。
(ちなみにメアリーは並みの戦士とは違うので、M87ショットを当たり前のように使用している。)
M87ショット

“自分が戦士に不向きなバックル族だとしても、
 相手がどんな光線も弾き返す強敵だったとしても、
 光の国の人間が負けるわけには行かない・・・・”


そんなヤマトの強い意志に彼の「バックル・クリスタル」が反応して誕生したのが、
「サクシウム・ショット」より遥かに強力な、「バックル・フラッシュ」という技なのだ。



他にもヤマトのクリスタルが起こした奇跡は幾つもあり、

・衛星L1におけるイライザの発見と蘇生、レオーヌの誕生。

ショック さらに照射
誕生 目の光


・地球にいるレオーヌの危機の察知、レオーヌの復活

85レオーヌ十字架 ヤマト現る
光った レオーヌ復活


これらは実は全て、ヤマトの強い思念がクリスタルを通じてもたらせた奇跡である。

ヤマトが気付いた? バックル




バックル族という虚弱な一族に生まれながら、数々の奇跡を起こしたヤマト。
あげた

未熟な戦士ながら、時折奇跡のパワーを発揮するレオーヌ。
ヤマトは見た

奇跡のDNAは間違いなく受け継がれているようだ。
みつめあう2人
関連記事

Category: レオナビ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。