FC2ブログ
2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

STORY6『1人じゃない』・・・22.レオーヌが起こした奇跡

 【06//2012】

“やああああああああああっ!!!”

まだよ

“ぎゃあああああああああああああああああああ”

苦しむヒッポリト

まだよ

あげた

断末魔

“!!!!!”

?

勝った


強力なパワーを手にした“スーパー”レオーヌは、強敵ヒッポリト星人をレオーヌ・ショットで葬り去った。

















「・・・・・・・・・・・・・・」

戦いの後

ヒッポリト星人を倒したレオーヌは、しばらくその場に佇んでいた。

それは決して勝利の味を噛み締めてると言う訳ではなく、むしろレオーヌ自身「何がなんだか分からない」といった感じであった。

そんな風にレオーヌが呆然と立ち尽くしていたその時、




“アオオオオウッ!!!”


“!!!”


この声は


ドルガ復活


聞き覚えのある鳴き声にレオーヌが振り返ると、そこには“マネキン化された”はずのドルガの元気そうな姿
があった。



“ドルガ!!!”

駆け寄るレオーヌ

レオーヌは思わず声をあげると、一目散にドルガに駆け寄り、まるで体当たりするかのような勢いでドルガに抱きついた。

抱きつくレオーヌ


「無事だったのね、ドルガ・・・ゴメンなさい!ワタシのせいで・・・」

自分を助けようとしたが為にマネキンにされてしまったドルガに、レオーヌは泣きながら謝っていた。

ドルガはそんなレオーヌに対し、「気にしないで」とてもいうかのように「アオーッ」と一鳴きし、人間が相手を慰める時にそうするかのように、レオーヌの細い肩に手をかけた。


ごめんね





後にレオーヌは「ヒッポリト星人が死んでしまったために、マネキンになったドルガが元通りになった」と思っていたが、実はそうではなかった。



それは、蘇生して突発的に“超人化”したレオーヌが、ヒッポリト星人にレオーヌ・キックを放った時の事。

勢いを増したキック
恐怖
とどめか?
スーパー・レオーヌ・キック?

この時のレオーヌ・キックは、「想像を絶するレベル」のエネルギーが集約されていて、ターゲットとなったヒッポリト星人が思わず「戦慄」を感じる程のものであった。

しかしまだ若いレオーヌ自身の“精神の未熟さ”と、“ドルガを犠牲にした星人に対する怒り”が、膨大なエネルギーを制御する事の妨げとなったために、インパクトの瞬間に多くのエネルギーが周囲に拡散してしまったのである。

マネキンとなったドルガは周囲に放射されたそのエネルギーを大量に浴びた事によって、失われていた生命機能を取り戻すことが出来たのだ。

スーパー・レオーヌ・キック?





その直後の戦いで、“恐怖のあまり”冷静さを失ったヒッポリト星人は、この事象をレオーヌの“手加減”と勝手に解釈し、目前の敵のレオーヌの奥底に潜む“レオーヌ自身も自覚していない”ダークサイドの部分を勝手に深読みしてしまっていた。

立ち上がったレオーヌ

つまりこの時ヒッポリト星人が聞いたのは、“レオーヌからのテレパシー”ではなく、
単なる星人の“幻聴”だったのだ。







“!!!”

思い出す

“ドルガの生還”に安堵していたレオーヌは、ここで重要な事を思い出していた。

そういえば


「そういえば“あの時”・・・・」












レオーヌマネキン化

85レオーヌ十字架

一度はヒッポリト星人に敗れ、マネキン化されてしまったレオーヌは、「仮死状態」だった為に当然復活するまでの間の記憶がなかった。

レオーヌ復活


しかしそのレオーヌが「仮死状態」だった時に、“ある男の戦う姿”が映像としてレオーヌの頭の中にインプットされていたのである。



ヤマト現る 爆発
体当たりされるヤマト ファイア
バードンの一撃 バックル・フラッシュ
バードン爆発 再びダウン
無念 レオーヌの顔





“この人は絶対に助けなければならない。”








一体あの人は?


“あの時何故かワタシはそう思った・・・
気がついたときにはワタシはまた、星人と戦っていた・・・・”



それは現実的にはありえない話なのだが、レオーヌを蘇生させた上に、突発的に超人的な能力を与えたのは、
紛れもなく“死んでいた”レオーヌの前で戦う、その男の姿だった。

そしてレオーヌ自身も、気付かないうちにその男に対し、大きな力を与えていたのだった。

スーパー・レオーヌ・キック?







“!!!!”

一体あの人は?


振り返ると


そこに





運命の出会い
関連記事

Category: 6『1人じゃない』

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

いいですねぇ。ヒロピンではないんですが、こういうストーリーもレオーヌの魅力を引き出すためには良い表現だと思います。
ドルガ君も可愛いですね。同じブログでも私はドルガ君を凶暴に使っていますので。
本当のドルガ君はやさしい怪獣なのかもしれませんね。(*゚▽゚*)

Posted at 21:21:42 2012/11/06 by なかカジ

Comments

No title

なかカジさん今晩は。

>こういうストーリーも
とっても救われるコメントです。
なかカジさんには偉そうに言ったくせに、正直ワタシも迷うんですよね~
もっとストーリーとは別の、ピンチの単品画像とか作った方が皆さんに喜ばれるんじゃないかとか。
それはそれで自分も楽しいし。
だけどストーリー始めちゃうと、余所見ができなくなるというか、そっちを優先させたいんですよね~(^o^;>
レオーヌは「世間知らずで真っ直ぐで心の優しい女の子」という、都合のいいキャラに作り上げてきたんですが、その分苛めづらくなってきて、今少し困ってます(^o^;>

>ドルガ君
DLした時、何故か自分には彼が悪い怪獣、怖い怪獣に見えなかったのですよ。
(zakuIIさんには申し訳ないですが)
となると、シリーズに出てない怪獣だし、こういう使い方がいいかなと思いました。
彼のお陰で、レオーヌの優しさやメアリーのSキャラが際立つので、とても重宝しています(^o^)/

Posted at 01:48:53 2012/11/07 by zosui

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。