FC2ブログ
2018 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 10

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

今更ですが、ウルトラ名シーン③「思い出の先生」

 【24//2012】

先生

「矢的先生・・・矢的せんせーーーーっ!!!」

「先生!!
僕は先生に憧れて、教師になりましたーーーっ!!!」



塚本役の吉見一豊さんのこの演技に、涙腺崩壊したオッサンは結構いらっしゃるんじゃないでしょうか(^o^;


これはウルトラマンメビウス第41話「思い出の先生」のワンシーンで、
「日本オタク大賞」を受賞するきっかけとなった、一部のファンの間では、

ウルトラマン80第51話(本当の最終回)「思い出の先生」

と言われている神回のワンシーンです。


リアルタイム80ファンには「号泣モノ」の展開だったでしょうし、
80にあまり思い入れの無いウルトラファンの間に「にわか80ファン」を急増させた回でもありました。


かくいう管理人も、その「にわか80ファン」の1人でして(^_^;
放映当時は「学校の先生がウルトラマン」とか「長谷川初範って役者さんが主演」みたいな知識はあったけど、
興味本位で一瞬チャンネルひねる程度で、全くと言っていいくらい、本放送は見てませんでした。

当然、当時にしてみれば「久々の実写ウルトラ」という事で話題にはなってましたが、80の写真を見た時、

カッチョわり~

というのが第一印象で、到底見る気が起こりませんでした。


でも、このメビウスで出てきた80は

めちゃめちゃカッコいい~!!



別に当時とフォルムが変わったわけではないのに

めちゃめちゃカッコいい~!!

と思いました。


リアルタイム80ファンの皆さん、

カッチョわり~

とか言って、ホント

スンマセンでしたっ!!!<(_ _)>


しかし管理人はこの80の勇姿にひどく感動し、当blogにおいて、

ヤマト

という重要な役割を、勝手に与えさせていただきました。




あと余談ですが、
「Another Story4.救出・・・⑦エピローグ」
の中の、ヤマトがレオーヌに向けて言った台詞は、この回へのオマージュとなっています。
関連記事

Category: 80

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。