FC2ブログ
2018 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 10

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ガイア総括(XIG、etc)

 【28//2012】

ガイアの特徴の1つがこれまでの「少数精鋭」と違った防衛チーム。

最初は人数の多さに戸惑ったが「3人編成」のチーム割り振りがサイズ的によく、それぞれの回でチーム毎にフィーチャーされていたので、思ったよりもややこしくならなくてよかった。
(オッサンの記憶回路って厳しいから・・・)

ただチーム・マーリンの出番が・・・(^_^;;

その為か、ガイアの続編OVではめでたく彼等がフィーチャーされたが、活躍したのはチーム・ライトニング。
それどころかむしろ、「らくだ便」の清水さんの方が目立っていた気が・・・(^_^;;

主題歌は良かったね。これぞ平成のウルトラ節!
でもクリキン・コンビだとやっぱり、皆さんにとっては「北斗の拳」なのかな?
(管理人北斗の拳よく知らないんだけど・・・)
そう言えば後期のED曲は作曲があの井上大輔さんでしたね。
管理人の少し?(大分かな)上の世代なら名曲ブルーシャトウ。
80年代ならシブがき隊wとガンダム。
偉大な作曲家であり、偉大なシンガーでした(;_;)

怪獣達はよくできていたが、こちらはオッサン的にはややこしくて印象に残りにくかった。(自分のせいだが)
それでも昭和2期ウルトラの怪獣の酷さに比べたら雲泥の差である。

そして最終回に地球産の怪獣たちが根源的破滅招来体に立ち向かうという展開は非常に感動的だった。
2回も悲しい思いをさせてくれたティグリスにも逢えたし、シュザックの子供も増えてたしね(^o^)

ラストシーンに登場したミズノエノリュウは地球の象徴的存在で、ある意味ガイアの裏主役だったんじゃないだろうか?

主人公我夢はこれまでにいなかった「インドア派」ウルトラマンで、イデ隊員やアマギ隊員、というよりAの梶主任がウルトラマンになった感じだ(^_^;;
最初ちょっと可愛過ぎて頼りない感じだったけど、後半には随分たくましい印象になっていた。
これも藤宮の存在、いやチームハーキュリーズのおかげか(^_^;;

最後にガイアの中で管理人が好きな回を。

「シーガル飛びたつ」
「龍の都」
「遠い町・ウクバール」
「怪獣の身代金」(^¥^)
「大地裂く牙」
「悲しみの沼」
「命すむ星」
最終回5部作


追伸

平成ウルトラの最終回のエンドロール

管理人はどうしても気になってしょうがないんです。

「泉谷しげる」が(^o^;;
関連記事

Category: ガイア

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。