FC2ブログ
2018 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 10

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

STORY6『1人じゃない』・・・⑪レオーヌ絶体絶命

 【30//2012】

“ファッハッハッハッ!ヒッポリト星人に逆らう者は、こういう事になるのだ!思い知ったか、ファッハッハッハッ・・・・”

57ヒッポリト大笑い ざまあみろ

「ヒッポリト星人・・・あなただけは絶対に許さない!!」

怒りに震えるレオーヌ 許さない

ドルガの敵、とばかりにレオーヌがヒッポリト星人に向かっていこうとした瞬間、

“ピシッ、ピシイィーッ!!”

フラッシュが

その背後から「ヒッポリト・フラッシュ」の閃光が瞬き、レオーヌは動きを止められてしまう。

動きを止められた

「?!!」

“ファッハッハッハッ!どうした、随分と苦戦してるようじゃないか!”

もう1人のヒッポリト

そういいながらレオーヌの背後に現れたのはもう1人のヒッポリトだった。

ヒッポリトの会話

「この娘にバードンがやられたんだ。予想以上に手ごわいぞ・・・」

「しかし怒りに身を任せるあまりに、背後の警戒をおろそかにするとは、まだまだ未熟なようだな。ファッハッハッハッ・・・」

“くっ・・・・”

レオーヌは後から来たヒッポリトの言葉を聞き、自分の未熟さを痛感していた。


“このままではまずいわ・・・”

星人が2人になった事に危機感を感じたレオーヌだが、カラダが全くいう事を聞かない。

するとそんなレオーヌを嘲笑うかのように、背後のヒッポリト星人がレオーヌの両手を掴んでいく。

捕まった

“あっ!!”

両手をつかまれ、うろたえるレオーヌ。

そんなレオーヌに対し、もう1人のヒッポリトがゆっくりと歩を詰めていく。

抵抗できない

「さあ、バードンを倒した女戦士の身体検査の始まりだ・・・」

“ううっ・・・・”

ヒッポリト星人の言葉に怯えを隠せないレオーヌ。

すると背後のヒッポリトのくちばしがいきなり伸び始め、レオーヌの乳房に吸い付いていく。

背後から

“シュルシュルシュル・・・スポッ!!”

乳房へ

「ああっ?!!」

顔が上がる

予期していなかった背後からの責めに、思わず顔を上げるレオーヌ。

すると今度は前方のヒッポリト星人のくちばしがレオーヌに向かって伸びていく。

前からも

“シュルシュルシュル・・・スポッ!!”

口に挿入

「んんっ?!!」

口腔にクチバシをねじこまれ、くぐもった声を漏らすレオーヌ。

「今からお前のエネルギーを一滴残らず吸い取ってやる!ファッハッハッハッ・・・」

苦しむレオーヌ

ヒッポリト星人の悪魔の儀式が今始まろうとしていた。

関連記事

Category: 6『1人じゃない』

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。