FC2ブログ
2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Another Story4.救出・・・⑤再会

 【11//2012】

“ダン?・・・ダン聞こえる?”

“・・・・メアリー?!”

“あっ、聞こえた?じゃあここから近いわね!アナタにお願いがあるの。”

“(嫌な予感がするな・・・)何?”

“惑星××で重傷者発見!身元確認の結果銀十字軍の隊員と判明!
至急保護の上銀十字軍に搬送の事!以上!!”


“えっ、惑星××?メアリー?・・・おい、メアリー?!!”

メアリーからの通信はそこで途絶えてしまった。





ダンが来た

「一体何だって言うんだ・・・・」


ダンはぶつぶつ言いながらも、惑星××に向かっているところだった。

従姉妹であるメアリーは幼少の頃から知っている。

ダンの事をからかって、こういった悪ふざけをすることなんてちっとも珍しいことではない。

しかし何か引っかかるものを感じたダンは、素直にメアリーの言う事に従うことにした。

発見

「あれか?・・・・」

メアリーが言っていたように、惑星××の×地点で倒れている人間を発見したダンは、
急いでその地点に向かっていく。

そしてダンはこの後、予想だにしなかった展開に遭遇する事となる。


アンナ!!

「銀十字軍の隊員、という事だったな・・・ワタシと同じ、赤色族の女性か・・・」


ダンはそれが報告を受けた女性だと確認し、「大丈夫か?」と声をかけながら抱き起こしたところ、
その顔を見て愕然とした。

大丈夫か?!

「ア、アンナ・・・どっ、どうして君が?!!」


ダンの前にいたのは、かつて地球にいた頃に同じ地球防衛チームに務めていた由里安奈であった。

単なる同僚というだけでなく、ダンが地球に来て初めて恋した女性である。

ナンバー・セブンの勇姿

“アンナ、僕は、僕はね、地球人じゃないんだ!
M78星雲、光の国からやってきた恒点観測員ダン、
キミ達が「ナンバー・セブン」と呼ぶ宇宙人なんだ!!”


去り行くダン

それはダンが自分の正体を明かし、地球に別れを告げた日以来の再会であった。



Another Story1.Anna・・・①傷心
関連記事

Category: 4.救出

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

はじめまして

何枚もの画像を使って構成された記事は、まさしくドラマの世界ですね

夕日(朝焼け)の色も美しいです。

Posted at 10:12:38 2012/11/11 by 阿修羅Z

Comments

No title

阿修羅Zさん、ご来訪&コメント有難うございます<(_ _)>

>まさしくドラマの世界
いやいやお恥ずかしい(^_^;>
ホントはヒロピンのサイトなんですが、やはりセブンや他の兄弟のフィギュアがあるとついつい、こういうのがやりたくなってしまうんですよね~。
台詞なんかほとんどまんま(パクリ)だし・・・(^o^;>

>夕日(朝焼け)
そうなんですよ!
あのシーン「明けの明星が・・・」だから、こういう夕焼けはおかしいんですけどね(^_^;>
いい感じの背景があったので、つい使ってみました。

Posted at 19:14:03 2012/11/11 by zosui

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。