FC2ブログ
2012 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2012 08

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ULTRA SEVEN X 視聴レビュー②

 【02//2012】

アトラクション?・・・アブダクション(誘拐)ね。
そんな楽しい話題じゃないよな・・・(^o^;
ケイのアメリカン・ジョーク!この2人いいコンビだ(^_^)
あの名曲「People Get Ready」みたい。あれは汽車だけど。
Rって究極超人ですか?!!って若者には分からないネタだ(^o^;
「♪気がつけば僕等みんな無菌のモルモット・・・」
って、ブームの曲があったな・・・
おっ、第2話で盗まれた!元祖セブンより早え~(^o^;
・・・・いきなり破壊?大丈夫だったの?(^_^;
脚本は・・・平成ウルトラを代表する太田愛さんか。


おお、小宮さん!リーダーやラサールに負けるな!(^o^)/
やっぱ深夜枠とはいえ、このご時勢切断はナシか・・・


「だってSだぜ!!」「Mよりマシだろ。」(^¥^)
デラックスプリン・・・ケイはギャグ要員か(^_^)
おおっ、ウェイトレス再登場!!
昔駄菓子屋でこんなの売ってたぞ。
コーラ味でそのまま食べてもいいけど水に入れるとシュワ~ってなるやつ・・・
おっ、アスカの恩師登場か。奥さんの代表曲「ルフラン」は名曲だよな。
「OLにお茶を汲ませるのよ」やっぱり今はそういうの減ってるのかな(^_^)
デラックスプリン君、おサル・・・散々な言われようだな(^_^;;
おお、マトリックス!ん、女のコだから違うか?何かあったよな、こんなの・・・
あっ、シャービック!オレンジ味か?(違うわ!!)

以上、未見者には伝わらないレビュー、Episode2~4でした(^_^;

Category: SEVEN X

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

STORY6『1人じゃない』・・・③対決

 【03//2012】

対面
よく来たな!レオーヌよ!
バードン襲来
あ、あなたがヒッポリト星人・・・
話すヒッポリト
・・・!!
感じるレオーヌ
レオーヌは猛スピードで向かってくるバードンの気配を感じ取り、間一髪で体当たりをかわした。
かわすレオーヌ

「簡単にやられてたまるもんですか、えいっ!!」

レオーヌは体勢を立て直して向かってきたバードンにキックを浴びせた。

バードンにキック

“ぴぎゃああああっ!!”

喉元あたりを蹴られ、たまらずうめき声を挙げるバードン。

「それじゃあ。いくわよ!!」

行くわよ!

レオーヌは次の攻撃に移る為に高々とジャンプした。

Category: 6『1人じゃない』

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ULTRA SEVEN X 視聴レビュー③

 【04//2012】

鈴木君と佐藤君・・・ひょっとして工藤静香のファン?(^_^;
怖っ!(+o+)オバちゃん、よく向かって行ったな・・・(^_^;;
ネック・ブリーカー・ドロップ!木戸修か!\(^o^)/
詰まれたパレットの上に乗るセブンとエイリアン・・・シュールだ(^_^;
ワイドショットだ!って、倉庫内で発射して大丈夫か?!(+o+)
チャムダ星人役のやべけんじさん、特技が「殺陣」。なのにこの役か(^_^;


「いいな~、エイリアンは会社行かなくていいから。」
・・・その気持ち、分からなくもないかも(^¥^)
って、このバーテン、及川奈央嬢では?!(+o+)
20000歳・・・ってまさか●ルトラマン?!
えっ、まさかエメリウム?!(+o+)・・・敬礼か<(^_^;\(^_^)
宇宙を相手にした仕事、星の好きな彼女。それが鍵なんだな。


おっ、可愛いじゃん、このギター少女。
おっ、このコはもしやミサキ女史では!!\(^o^)/
やっぱりウルトラアイは女の子に盗まれやすいと・・・(^_^;
ミサキ女史とこいつが・・・何か解せんな(`_´)


黒田勇樹君じゃん、懐かしい(^_^)
女のコは川村ゆきえちゃんかな?
赤い貞子か・・・(^_^;
黒田君怖ぇ~(^o^;;

以上、未見者には伝わらないレビュー、Episode5~8でした(^_^;

Category: SEVEN X

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ULTRA SEVEN X 視聴レビュー④

 【05//2012】

まひるは中村果生莉ちゃん。
マックス、メビウスに続くウルトラ登場ですね。
堀内さん、まさに死神博士ってか(^_^;
おおっ、アグル対セブン!って展開にはならないか(^o^;;


あっ、リコちゃんだ。またまたウルトラ女優の登場ですね。
これまた古典的な潜入方法だな・・・(^_^;
エレアは既に死んでる?(+o+)
じゃあ星の好きな彼女って・・・


これがアクア・プロジェクトの全貌?
何か俄然面白くなってきたぞ・・・
2CVだっけ。リョウも乗ってたな・・・
爆発したぞ!(+o+)大丈夫か?!


これはまさかグモンガ?!!(^_^;
セブンピ~ンチ!!
えっ、この声は・・・・(+o+)
地中を行くセブンと壮大なBGM。これはあの最終回へのオマージュなのかな?
赤い火の玉が湖に・・・おいおい、それは初代だろ!(^o^;
うおおおっ、最後にこんなサプライズが!(+o+)


以上、未見者には伝わらないレビュー、Episode9~12でした(^_^;

Category: SEVEN X

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Another Story4.救出・・・③地球へ

 【06//2012】

地球が・・・・

「ち、地球へ、行くって・・・星人達が・・・」

レオーヌ?!.

“(レオーヌ?!!)”

星人達の狙いがレオーヌだと気付いたメアリー。

すると、メアリーが言葉にしたわけではないのに、まるでメアリーの心中を察したかのようにヤマトが口を開いた。

メアリー!!

「メアリー・・・ジュリアンと、彼女達を頼む。」

「?!!」

ヤマトの突然の申し出に困惑するメアリー。

ワタシが地球へ

「ジュリアンや、彼女達をこんな目に遭わせた星人を許す訳にはいかない!それに、ワタシの愛する惑星(ほし)まで汚されてなるものか?!」

「愛する惑星って・・・」

(ヤマト、今の話聞いてたの?!)

待ってヤマト!

「待ってヤマト!貴方ジュリアンを置いて行く気なの?」

「地球が危機に曝されているんだ!」

「落ち着いてヤマト!星人は強敵よ!貴方1人では危険よ!それにまだ「侵略目的」と決まった訳じゃないし、ここにいる人達はみんな一刻を争う危険な状態なの!早く光の国へ連れて行かないと助からないのよ!ワタシ達で彼女達を銀十字軍に連れて行って、星人の事はそれから考えれば・・・」

「彼女達も地球もワタシには全て大事だ!放っておく事なんか出来るか!!」

「ヤマト・・・・」

取り乱したヤマトを何とか説得しようとしたが、メアリーはヤマトの断固たる決意を感じていた。

ワタシが行かなければ

「でもどうして・・・」

メアリーはヤマトがそこまで意固地になっている事が理解できなかった。

正直メアリー自身も、地球にいるレオーヌの事が気になって仕方が無いのだが、「地球という惑星に対して思い入れがない」メアリーにとって、気がかりはレオーヌの事だけである。

レオーヌが星人にやられると決まった訳ではないし、やられたとしても後から助けに行く事だって出来る。

もしかするとヤマトとレオーヌが星人を相手にうまく立ち回る可能性もあるが、今優先すべきはどう考えても、ここにいる人間を救出することである。

4人もの重傷者を救う事は、いくら「医師」として高い能力を持つとはいえ、メアリー1人では非常に困難な作業であるし、特にジュリアンにもしもの事があった場合、ヤマト自身も大きな傷を負う事となるだろう。

「光の国の種族」としてドロップアウトしたメアリーには、地球に固執するヤマトの気持ちが理解出来なかった。

ヤ、ヤマト・・・

「メアリー、ワタシは地球に行かなければいけない・・・そうしなければいけない気がするんだ・・・」

メアリーはヤマトのその言葉に、メアリーは何も言い返す事が出来なかった。


Category: 4.救出

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ULTRA SEVEN X 視聴レビュー総括

 【07//2012】

ULTRA SEVEN X 視聴完了。

他のシリーズと違って、やはり「深夜枠」っぽさが感じられましたね。

X(エックス)の名称もそうだし、「過去シリーズよりも、海外ドラマを意識した」というので余計にそう思ったのかな。

しかしウルトラセブンを名乗る以上、当然リンクする部分はあるわけで、その辺の謎解きみたいなところも楽しめましたね。

主人公ジンは与座重理久という役者さん。

「よざ えりく」と読むのだが、何とお父さんがクラプトンのファンで、それでこの名前になったとか(+o+)

で、このジンがカッコいい!!

平成ウルトラの主人公は大抵イケメンでも、どちらかというとベビーフェイスって感じの人が多いが、与座さんは長身に甘いマスクで非常にクールなイメージである。

何か同僚のケイの方が平成ウルトラの主人公っぽく、与座さんはむしろ「仮面ライダー」のほうが有ってるような気もする。


1クールというのは後で見るには非常にありがたいが、せめて2クール位有ってもよかったのでは。

それも予算上の関係なのかなあ・・・


そういえばこのSEVEN X以降、巨大ウルトラのテレビシリーズはやっていない。

またテレビで新しいウルトラマンに逢える日は来るのだろうか?

Category: SEVEN X

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。