FC2ブログ
2011 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2011 07

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ウルトラシリーズについて

 【10//2011】

一応「ウルトラファン」の管理人ですが、残念な事に、ウルトラシリーズの中でも、未だに見た事が無い作品が幾つかあります。
特に平成ウルトラに関しては、ちゃんと通してみたのは「メビウス」だけで、はっきりいってさほど詳しくありません。

まあそんな「ウルトラファン」としてはまだまだの管理人ですが、blogの中でもウルトラシリーズについて自分なりに色々語っていけたらなあ、と思います。

Category: カテ内容

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

帰ってきたウルトラマンの魅力

 【10//2011】

新マン対ゼットンⅡ

プロフィールにも書いている通り、管理人が一番好きなのは、「帰ってきたウルトラマン」である。

しかしながら、正直なところをいうと、「帰ってきたウルトラマン」は昭和ウルトラの中でもどこか中途半端な印象があるのも否めない気がする。

例えば怪獣達に関していえば、「新マン」の怪獣達も魅力的だが、初期の「Q」も含めた「初代マン」「セブン」の怪獣達の方が「どうしてこんなデザインが思いつくのか」と言う点で、インパクトが強い気がする。
(この辺りはデザイナーの成田亨氏の存在が非常に大きい気がしてならない。)
後期ウルトラの怪獣は奇抜ではあるが、はっきり言って初期シリーズのようなカッコよさは無い。

そして肝心のウルトラマンのキャラは、やはり初代を踏襲している為に、悪い言葉で言えば「二番煎じ」の感があり、セブンやその後のA・タロウ・レオほどキャラが立っていない気がする。

確かに昭和第2期ウルトラでは一番の高視聴率を記録しているが、結局のところ、初期シリーズと第2期シリーズの「橋渡し的」な存在といった感じで、しかも「変身ポーズがない」というのも、「新マン」を「中途半端」な存在に感じさせる原因になっているのかも知れない。

ではなぜその「新マン」に魅力を感じるのか?

もちろん様々な要因はあるが、一番の魅力は「BGM」ではなかろうか?

主題歌、戦闘BGM「夕陽に立つウルトラマン」、そして極め付けがあの、元祖「ワンダバ」(MATのテーマ)である。

「ワンダバ」は曲の素晴らしさもさることながら、劇中で使用されるタイミングも抜群で、ウルトラマンやMAT隊員の気合の入り方が視聴者にもひしひしと伝わってくるのがスゴイ。

ワンダバコーラスはその後のシリーズでも受け継がれているが、やはり「新マン」のワンダバのインパクトは強烈である。

これに関しては初期シリーズにもない「新マン」独自の魅力だといえると思う。

もちろん新マンには他にも沢山の魅力があるのだが、他のシリーズと比べても一番と言えるのが、このBGMではないかと、管理人は思う次第である。



バット星人はいませんが、画像は一応新マン最終回のイメージです。

新マンはCANDYさんの「Ultraman Neo」(テクスチャ変更)

ゼットンはウルフェさんのフィギュアで、皮膚の色を変えてます。(管理人的には2代目のイメージで)

デブだのカッコ悪いだの、ファンの間では不評の2代目ゼットンですが、設定上では初代より強いんですよね。

Category: 新マン

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。