FC2ブログ
2011 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2011 07

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

レオナビ⑤「宇宙の様々な法律」

 【08//2011】

「惑星治安維持法」(抜粋)

・太陽系第3惑星地球を「宇宙保護対象指定惑星」とする。

・「宇宙保護指定地区」には、異星人でも定められた条件を満たすものに限り、「常駐警備員」として一定期間の滞在を認める事とする。

・「常駐警備員」は、あくまでその惑星の「治安維持目的」において、滞在が認められる。

・過度の保護はその惑星の発展の妨げになる恐れがある為、「宇宙保護対象指定惑星」に同時期に滞在できる「常駐警備員」は1名に限る。

・但しその惑星の治安状況により、「常駐警備員」としての条件を満たすものであれば、支援活動を行うことが出来る。

・「常駐警備員」の資格が与えられるのは、M78星雲内「光の国」が管理する以下の組織に所属する者に限る。
 ①銀河連邦警備隊
 ②医療法人銀十字軍

・「常駐警備員」の任命権は、以下の者にのみ与えられる。
 ①銀河連邦警備隊大隊長
 ②医療法人銀十字軍隊長



これは管理人が勝手に作った法律で、あくまでこのblogの世界観の中のものです。(汗)


だから「光の国」の種族でなくても、警備隊か銀十字軍に所属していれば、「常駐警備員」の資格があるって事です。(まあ、かなりのレアケースですが。)

ストーリーの中でダンが心配していたのは、彼の話に出てくる赤い巨人(レオーヌの事)が、この法律を犯しているのでは、って事なんですね。

そのダンをびびらせている「メアリー」というキャラは、どうやら過去に「銀河連邦警備隊」に所属していたものの、やめた後に地球に滞在していたようです。

つまり、明らかにこの法律に触れているのに、ダンは何故かこの「メアリー」に対して強く出る事ができません。

さてさて、この「メアリー」とは一体何者なんでしょうか?w


Category: レオナビ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。