FC2ブログ
2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

カテゴリ:セブン の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

今更ですが、ウルトラ名シーン②零下140度の対決

 【21//2012】

突如訪れた原因不明の異常寒波。
ダンの乗るポインターはエンストし、車を棄てて基地へ帰ることとなったのだが・・・

今回は、管理人がセブンの中でも大好きな話です。

前述のキリヤマ隊長の指示に困惑するダン。
セブンが普通の人間以上に寒さに弱いという、致命的な弱点が明らかとなります。
その頃基地では、心臓部である原子炉が破壊され、隊員達は停電と極寒の二重苦に襲われます。

原子炉を破壊したのは冷凍怪獣ガンダー。
コイツのお陰で基地は氷付け。
マグマライザーも他の兵器やレーダーも使えなくなってしまい、基地はまさにてんやわんやの大騒ぎ。

医療班のアラキ隊員は「このままでは隊員全員の命に関わる」と、「基地からの撤退」を責任者であるヤマオカ長官に新言。
「基地を棄てるという事は、地球を棄てるという事。退却は出来ない」とヤマオカ長官。
現場と上層部の衝突、というのはこういう場合、なかなか避けられるものではアリマセン。

一方基地がそんな事態に見舞われてるとは露知らず、吹雪と豪雪の中、基地を目指していたダンの目の前に現れたのは、異常寒波の元凶、ポール星人。

ポール星人

ポール星人は過去に二度も地球を氷付けにし、今回3度目の氷河期時代の手始めに地球防衛軍を氷付けにしたと告白。

「基地が危ない!」とあせるダンだが、何とここで「ウルトラ・アイ」を失くした事に気付く。

その頃基地では、怪獣がいなくなった事に気付き、「鬼の居ぬ間に・・・」とばかりに復旧作業を開始。

そしてウルトラ・アイを探すダンの目の前に冷凍怪獣ガンダー登場。

「ミクラス、行け!!」

吹雪の中、ミクラスとガンダーの戦いが始まった。


その頃基地では極寒の中の作業に耐え切れず、倒れる隊員が続出。
この状況についに、医療班のアラキ隊員の怒りが爆発。

「長官!隊員がどうなってもいいと言うのですか?全員ここで討ち死にしろと・・・」
「アラキ隊員!キミには長官の気持ちが分からないのか?」
「分かりません!いや、分かりたくもアリマセン!!使命よりも人命です。人間一人の命は地球よりも重いって、隊長はいつも私たち隊員に…」
アラキ隊員の言葉に、困惑するキリヤマ隊長。

アラキ隊員、アンタ漢だよ・・・(;_;)

そしてヤマオカ長官も「アラキ君の言う通りだ。使命より人命だ。退却しよう。」と苦渋の決断。
「長官・・・」声を詰まらせるキリヤマ隊長。

現場ではまた1人、ウトウトしているギャンゴ、じゃなくてイカルス、でもないwムカイ班長の姿が。
この方ウルトラシリーズでは御馴染み、山本廉さんですね。
「ムカイ班長、アナタが倒れたら全てお終いだ!しっかりして下さい!班長!!」
「・・・・・・!!!」
アラシ、じゃねえやwフルハシ隊員のナイスフォローで事無きを得ました。

一方、極寒・吹雪の「完全アウェイ」の中、ガンダー相手に奮闘するミクラス。

そんな中、ダンがついに雪に埋もれたウルトラ・アイを発見!

「ジュワッ!!」

しかし寒さでエネルギーを消耗したセブンに戦う力は無く、セブンはエネルギー補充のために太陽に向かった。


基地の中ではヤマオカ長官がついにダウン。

「長官!長官!!・・・」

外部との通信・応援も望めないこの状況に、キリヤマ隊長も「これ以上犠牲者が増える事は長官の本意ではない。涙を飲んで撤退」する事を隊員達に告げる。

「チキショー!!」と工具を叩きつける隊員。
その傍らで、ついに倒れたムカイ班長。
「班長!基地から2キロ離れれば、冷凍ゾーンから脱出できる!行きましょう、班長!!」
2人の隊員に抱えられて運ばれるムカイ班長。
2キロ先まで運ぶつもりなんだ・・・(;_;)
1人残ったフルハシは工具を拾い上げ、作業を再開した・・・

「急げ、急ぐんだ!!」
キリヤマ隊長の指揮の中、隊員達が基地から退避しようとしたその時、

「・・・・パッ、パパッ!!」

何と基地の電気が復旧したのだ。

「・・・やった・・・やったぞ・・・」

フルハシ、グッジョブ!!!(;_;)

止まっていたパラボラや基地内部のコンピュータもついに始動。
あとはセブンの帰りを待つのみ。


しかし、ガンダーにフルボッコwにされたミクラスはもはや虫の息。

そこに駆けつけたのはウルトラホーク1号と3号。

ミクラス、アンタも漢だ・・・(;_;)

「カルテット作戦開始!!」

ウルトラホーク1号が3つに別れ、勝負はガンダーとの空中戦に。

1号と3号はガンダーの迎撃に見事成功!ガンダーは地面に落下!すげえよウルトラ警備隊!!


そしてようやく真打セブン登場。

ガンダーはもはや充電バッチシのセブンの敵ではアリマセンでした・・・

ポール星人

「ウルトラセブン!どうやら我々ポール星人の負けらしい。しかし我々が敗北したのはセブン、キミに対してではない!地球人の忍耐だ!人間の持つ使命感だ!その事を良く知っておくがいい!ハッハッ・・・」

最後に、セブンの弱点が分かっただけで満足だと“負け惜しみ”の言葉を残して去っていったポール星人。

まさに、「悪役はこうあるべき」という所を見せてくれた彼等も100点満点でした。



本当はもっとシンプルなレビューを書きたいんですが、やはり好きな作品だけに、台詞やシチュエーションを出来るだけ沢山伝えたい、と作品を再度チェックしつつ書いてるので、どうしても長い記事になっちゃいます(^o^;

決して文章力があるわけじゃないので、もっと読み手の事を考えなきゃいけないのに・・・

この回のポイントは「セブンだけがカッチョ悪くて、それ以外他のミンナがカッコいい」って事。

読んでてもし「チョット見てみようかな」なんて思われた方はポチっとclickお願いします<(_ _)>

Category: セブン

Comments (0) | Trackbacks (1) | トップへ戻る

『ウルトラ警備隊西へ』

 【25//2012】

セブンVSキング・ジョー

今日のウルトラマン列伝は、セブンの名作の一つ『ウルトラ警備隊西へ』の後編でした。

管理人がウルトラシリーズで最も好きな怪獣(ロボット)、キング・ジョーが初めて登場した回(前編)ですね。

放映時は「ぺダン星のスーパーロボット」と呼ばれているだけで、まだキング・ジョーという名前は出ておりません。

そしてセブンのスーツアクターといえば、上西弘次さんですが、この『ウルトラ警備隊西へ』前後編のみ、「新マン」のスーツアクターで御馴染みのきくち英一(当時は菊地英一)さんが演じられていると言うのもレアですね。

最後止めを刺したのはセブンではなくウルトラ警備隊(とドロシー・アンダーソンと土田博士)。

セブンの前後編といえば、やはり地球人の活躍がクローズアップされますよね(^o^)/

Category: セブン

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

匿名探偵に・・・

 【10//2012】

何とアンヌが登場(xox)
ダンと絡んで欲しかったな~(^_^)

Category: セブン

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。