FC2ブログ
1998 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  1999 10

カテゴリ:平成セブン の記事リスト(エントリー順)

| |

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

平成ウルトラセブン

 【27//2011】

セブン

管理人はもちろんウルトラセブンは見ていたが、「ULTRASEVEN X」を含め、「平成セブンシリーズ」は見た事が無かった。

最近ようやくその平成シリーズを見る事が出来たのだが、これはこれでなかなか面白い。

ダンやアンヌはもちろんの事、エレキング、メトロン、キングジョーやカプセル怪獣といったお馴染みキャラの他、今や「毒舌爺ちゃん」としてお馴染みの毒蝮三太夫さんの登場も嬉しい。

そして何より、セブン屈指の問題作(名作)である「ノンマルトの使者」を改めて取り上げているというのが、スゴイところである。

「地球人やウルトラマンが必ずしも正義か?」というテーマはシリーズ通して取り上げられているが、「ノンマルトの使者」では地球の先住民とされるノンマルトという存在が登場し、地球人を侵略者の子孫として描いている。

地球人を愛しているセブンはこの時とんでもない「宿題」を突きつけられ、平成シリーズで改めてノンマルトに問いかけられるのである。

思えばウルトラシリーズのデジタルメディア化(DVDリリース)第一弾は、Qでも初代マンでもなく、なぜかこの「ウルトラセブン」だった。

新マンが一番好きな管理人だが、セブンがウルトラの中で特別な存在である、という意見には、やはり頷かざるをえないかなあ、という気がしてならない。



この平成シリーズにはキリヤマ隊長も出演予定だったとか。

中山昭二さんが亡くなられた為に実現はしなかったものの、キリヤマ隊長が残した

「海底も我々人間のものだ!」

「地球は我々自らの手で守らねばならない!」

という台詞は、色んな意味で多くのウルトラファン達の心に刻まれてるのではないだろうか。

あと管理人は、とりあえず「1999最終章」まで見終えたところで、「Evolution」はこれから見るところである。

見終わったらその感想も書く予定です。

Category: 平成セブン

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

平成ウルトラセブン②

 【29//2011】

セブン

平成セブンの「EVOLUTION」も見たので、その感想を。

おそらくファンの中には昭和セブンへの思い入れが強く、平成セブンの存在をあまり歓迎してない人もいるだろう。

しかしこのテーマを掘り下げて描くのであれば、やはり「セブン」というキャラクターが一番じゃないかと思う。

ちょっとどこか冴えない印象のあった「カザモリ・セブン」も、なかなか良いのではないだろうか?


あと登場人物で印象的だったのが、フジ・アキコ隊員・・・じゃなかった桜井浩子さん。

他のシリーズにも色々出演されている桜井さんだが、考えてみればセブンでの登場はあの幻の12話「遊星より愛をこめて」以来という事か?

あと、既に引退された奈良沙緒理さんが懐かしかった。

彼女にとってはこれが最後の出演作品なのかな?

そしてそして、その奈良沙緒理演じる「植物生命体」の幼少期を演じていたのが、今や人気女優となった子役時代の志田未来ちゃん。

ホントにちょっとしか出てないが、まあこれがビックリするほど可愛い。w

何か感想でもなんでもなくなった気がするが、志田未来ファンの方もそうでない方も一度平成セブンを見てはいかがだろうか?

いや、ホント可愛いんだってば!!w

Category: 平成セブン

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。