FC2ブログ
2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

カテゴリ:登場キャラ の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

登場キャラ①光の巨人

 【25//2011】

光の巨人
・光の巨人 (the giant of the light)
※銀河連邦警備隊隊員、M80星の国王(M78星雲『光の国』出身)

元々研究者だったが、太陽系のとある惑星で『ある研究』に従事していた時に、怪獣や侵略宇宙人と戦った経験から、銀河連邦警備隊の一員となる。

その後、『光の国』の管轄下にある小惑星自治体、M80星の国王に自ら志願して就任。
ちなみにM80星の王妃は彼の「幼馴染」。

責任感と正義感が強く、パトロール中に衛星L1で発見した獅子座L77星王妃イライザを蘇生させる事に成功。

直後にL1の大爆発に巻き込まれ、瀕死の重傷を負うが、銀十字軍隊長、マリーの手によって救われる。

意識を取戻した彼は、イライザ救出、レオーヌの誕生を『夢の中の出来事』だと認識するが・・・

このblogの主人公「レオーヌ」の、いわば父に当たる存在で、レオーヌの名付け親である。




まだ詳細がベールに包まれている?光の巨人ですが、フィギュアはあのウルトラ系ヒロインの大御所、CANDYさんのフィギュアです。

ある意味、このblogで非常に重要な存在である訳ですが、その正体や、「なぜ彼をこの役に?」という事に関しては、おいおい明らかになってくると思います。


ひょっとして、愛と勇気を教えてくれる、遠くの星から来た男?w


Category: 『光の国』の種族

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

登場キャラ②イライザ

 【25//2011】

イライザ
・イライザ(Eraiza)
※獅子座L77星の王女。レオーヌの母(獅子座L77星出身)

獅子座L77星の王族の娘として生まれる。

その可憐で美しい容姿と、優しい性格で多くの者に愛される存在であった。

しかし故郷である獅子座L77星が侵略宇宙人の手によって滅ぼされた後、その美しさが仇となり、生きたまま「囚われの身」となってその宇宙人と手先である凶暴な「双子怪獣」の「慰み者」として扱われる日々を過ごす。

その後廃人同様となったイライザはそのままL77星に取り残され、惑星の大爆発と共に宇宙空間に放り出されてしまい、しばらく空間を彷徨った後、獅子座L77星の衛星「L1」に不時着し、そこで息をひきとった。

そして長い間亡骸として放置されていたところを、「光の巨人」に発見され、奇跡的に蘇生したものの、直後に衛星L1が爆発。

現在の消息は不明。

イライザ




元々は渡慶次さんの“『光の楽園』きのむくまま(仮)”に登場する「エライザ」というキャラをモチーフにしております。

ただ違うのは、ややこしいですが、このblogに出てくるのは「イライザ(Eraizaの綴りが、そう読めなくもないかなと)」で、「エライザ」とは一応別人です。
(パラレルワールドの“エライザ”と思っていただければいいかと・・・)

ちなみに『光の楽園』の「エライザ」は、獅子座L77星獅子の一族の王女で、レオ(息子)とアストラ(此方では娘)の母親、という設定になってます。

一方の「イライザ」は、まだ人間で言う少女(10代後半から20才位)の設定で、婚姻はしていません。


そしてこの愛らしいフィギュアは、KPFさんのフィギュア「EraizaK」を、“まんま”使用しております。w

Category: 獅子座L77星人

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

登場キャラ③レオーヌ

 【25//2011】

レオーヌ
・レオーヌ(Leoone)
※本編の主人公、王妃イライザから誕生した生命体


光の巨人が獅子座L77星王妃イライザに蘇生術を施していた時に誕生した生命体。

光の巨人によって「レオーヌ」と名付けられる。

眩い白光の中に、獅子座L77星人のような外見の女の子の姿が確認されている。


名前の由来は“獅子座(Leo)の新たな生命(one)”だが、
奇しくも彼女が誕生した場所である衛星「L1(Leo one)」にも関連している。




本編の主人公ですが、現時点ではまだ「画像」のような姿です。(苦笑)


主人公の名前を考えた時、一番最初に思いついた名前はレオーネ(leone)でした。

語呂もよく、我ながらいい名前だなあ、と自画自賛しながら、念のために調べてみると、まさにイタリア語で「ライオン」の意味。

しかしライオンといっても「雄ライオン」の意味で、響きは女の子っぽくてもなあ、と断念。
そういえば昔、そんな名前の車があったなあ・・・

それならば、似たような女の子っぽい名前で、いっそ「造語」にしようとスペルを「leoone」にして「レオーヌ」という呼び方に変えました。

キャラの名前をつけるのも、結構一苦労ですね。w

Category:

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

登場キャラ④マリー

 【25//2011】

マリー
・マリー(Mother Marie)
※通称マザー・マリー、「光の国」医療法人銀十字軍隊長、「光の国」の「母」

「光の国」の歴史上でも数少ない「奇跡の力」の持ち主。

その「奇跡の力」で、これまで数多くの光の戦士の命を救っており、「光の国」の住人からは「母」と呼ばれ、崇められている存在である。

衛星L1の爆発に巻き込まれ、瀕死の状態だった光の巨人を救うが、彼の抱えていた「苦悩」に気づき、マインドコントロールで「衛星L1での経験」を「夢の中の出来事」として認識させる。

銀十字軍の部下の中には、「M80星王妃」(彼の妃)もいる。




皆さんにもお馴染みの「母」ですが、名前も“そのまんま”です。

ただ、既にお気付きの方もいらっしゃるかも知れませんが、このblogの世界観では「ウルトラ」という呼称は使わないようにしているので、一応それで差別化を図っております。

使用フィギュアはKPFさんのUMK7。

Category: 『光の国』の種族

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

登場キャラ⑤オーガ星人

 【29//2011】

レオーヌを襲うオーガ星人
オーガ星人(Alien Ogre)
オーガ星の種族

オーガ星に生息する巨人。醜悪な外見が特徴で、性格は凶暴、好色。
知能は低いが、その分肉体が異常に発達し、敏捷性には乏しいが、馬鹿力である。
行動は単純明快で、物陰に隠れて待ち伏せして獲物を狙う。

オーガ星にやってきたレオーヌを襲うが、謎の巨人によって倒されてしまう。

レオーヌを襲うオーガ星人



これはレンデロのFreeStuffでDLした「SLE_ogre」というフィギュアです。

まあいかにも「モンスター」って感じの雰囲気で、ヒロピンで重要な「美女と野獣」という構図にピッタリのフィギュアですね。

プロローグだけでは惜しいので、いずれ再登場の機会があるのではないかと。


Category: 宇宙人・ロボット

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

登場キャラ⑥銀色の巨人

 【29//2011】

銀色の巨人
銀色の巨人(Silver giant)
「光の国」の種族と思われる巨人。

オーガ星人に襲われたレオーヌを助けた謎の巨人。

巨人とは言うものの、オーガ星人よりは小さい。

頭部に大きな角があり、光を放つダンベル状の武器を持っている。

××××アレイ



いやあ、果してこの巨人は誰なんでしょうか?!(爆)

フィギュアは数々の特撮・アニメキャラを配布されているroylooさんのもの。

ちなみに××××アレイは、小道具といえばこの方、zippoさんのdumbbellを使用。

Category:

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。