FC2ブログ
1998 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  1999 10

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ウルトラヒロインとは?

 【11//2011】

「ウルトラヒロイン」というのは、自分なりに解釈すると二つの意味があるようです。

①女性版ウルトラマン。(言葉が矛盾しますが)
ウルトラの母、ユリアン、ウルトラウーマンベスといった実際の作品に登場するヒロインはもちろんの事、ネット上にはSS、CG等で描かれた様々な妄想ウルトラヒロインが存在しています。
中にはGIGAの巨大ヒロインみたいな、男どもの不埒な妄想を映像化した作品まであります。
その代表格がCANDYさんのウルトラウーマンじゃないでしょうか。
当blogのレオーヌも、こちらになりますね。
「ウルトラ系ヒロイン」っていった方がいいのかな。

②ウルトラシリーズに出てくる取り巻きの女性達。
主に防衛隊の女性隊員の事で、こちらの代表格となるとやはり、セブンのアンヌ隊員でしょうね。
隊員以外では帰マンの坂田アキ、タロウの白鳥さおり、レオの山口百子がこちらに該当するかと。
Aの南夕子はどちらかというと②になるんでしょうが、80の星涼子(ユリアン)は①②両方にあてはまるのかな?

このblogは①になりますが、②のウルトラヒロインの話題も積極的にとりあげていけたら、と思います。


Category: ウルトラヒロイン

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ウルトラヒロイン①ヤナセ・レナ隊員(ウルトラマンティガ)

 【11//2011】

ようやく最近になって「ティガ」を見るようになった管理人だが、まあ何ともダイゴ隊員が初々しい。

そしてこの作品のヒロインといえば、レナ隊員である。
(イルマ隊長もいらっしゃいますが、ここはやはり)

演じられてるのは初代ウルトラマン、というかハヤタ隊員(黒部進さん)の娘としてお馴染み?の吉本多香美さん。

まあとにかくこのボーイッシュなレナ隊員は可愛い。

個人的には歴代ウルトラヒロインでもかなり上位に入る可愛さではないかと思う。

映画『大決戦!超ウルトラ8兄弟』ではパラレルワールドでハヤタ・レナを演じ、親娘共演も実現。

しかし驚くのは、ティガの中でレナの父親を演じているのは、何と「仮面ライダーストロンガー」の荒木しげる氏。

「ウルトラマン」と「仮面ライダー」を父に持つ、ある意味最強の特撮ヒロインである。(^_^)



吉本多香美さんで個人的に印象に残っているのは、「皆月」という映画である。

作品の中で吉本さんは、当時まだ無名の北村一輝さんと濡れ場を演じているのだが、これが普通の女優さんにしては「ちょっとやり過ぎでは?」と思うくらいの強烈なシーンである。

クリスマス・エクスプレスやレナ隊員と同一人物とは思えないこのシーンは、一見の価値アリです。(^_^)

Category: ウルトラヒロイン

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ウルトラヒロイン②村野ルミ子(帰ってきたウルトラマン)

 【12//2011】

郷秀樹と同じマンションに住む女子大生。(演 岩崎和子)

坂田兄妹亡き後、ショックに打ちひしがれる郷と次郎君を支えたのが、このルミ子さんでした。

帰マンのヒロインといえば、アキちゃんと丘隊員のイメージですが、管理人はこのルミ子さんが結構お気に入りで、レオーヌの人間体「オオトリ・マフユ」のモデルとなった「薩摩ルミ子」も、この方から名前を頂いてます。
登場キャラ⑧サツマ ルミコ

何しろ登場回数が少ないのが残念ですが、最終回には「強烈楽観キャラ」を発揮して存在感を見せただけでなく、次郎君と共に郷(ウルトラマン)を見送るなど、結構重要なキャラになっています。

みんな~、もっとルミ子さんを応援しようぜ~!(^o^)/

Category: ウルトラヒロイン

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ウルトラヒロイン③ミサキ・ユキ総監代行(ウルトラマンメビウス)

 【17//2011】

ウルトラマンメビウスはヒロインの宝庫である。

全くキャラが対照的なマリナ(レーサー)・コノミ(保育士)両隊員。

平成ウルトラお馴染みの石橋けいさん演じるフジサワ・アサミ博士。

劇場版から参加のジングウジ・アヤさんもなかなかの重要キャラではあるが、個人的に1番をあげるとすれば、やっぱりミサキ女史かな。w

まあとにかくお綺麗で、トリヤマ補佐官は「自分の娘に叱られてるようだ」と嘆いていたが、こんな人になら是非叱られてみたいものである。(コラコラ・・・)



ミサキ女史を演じられた石川紗彩さんは、どん兵衛のCMで中居くんと一緒に出てる方です。

実写版「ヤマト」にも出てるし、どうもSMAPに縁があるようです。w


Category: ウルトラヒロイン

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ウルトラヒロイン番外編①ナオコ(ウルトラマンメビウス)

 【19//2011】

なぜ番外編?
ナオコって誰?

とまあ色々な声が聞こえてきそうですが、ナオコとは、メビウスの第40話に登場した宇宙人に危うく騙されそうになる女子高生で、ちょっと昔の「宮沢りえ」っぽい美少女だが、登場はこの一回限りである。

ではなぜ「ウルトラヒロイン」にあげたかというと、演じているのが「仲里依紗」という役者さんだからである。

もちろんあの、今をときめく若手女優「仲里依紗」さんの事で、当時からなかなか可愛らしかったものの、数年後のこの状況、いったい誰が予想していたであろうか?



仲さんはスウェーデン人の血をひくクオーターなので、それで宮沢りえさんっぽい(純日本人とはちょっと違う)独特の雰囲気があるのかもしれませんね。(宮沢さんもハーフだし)

あとヒロインではないですが、メビウスにはあの加藤清史郎君もチョイ役で出てるし、ティガにはTVドラマにめったに出ない浅野忠信が出てるし・・・

そう考えると、ウルトラシリーズって結構あなどれないよなあ・・・・w

Category: ウルトラヒロイン

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ウルトラヒロイン番外編②クゼ・ケイコ(ウルトラマンメビウス)

 【21//2011】

怪獣・ウルトラマンオタクのテッペイ隊員のお母さんを演じているのは“あの”林寛子さん。

といっても管理人は「どストライク」の年代ではなく、まあ人によっては「キョンキョンがカバー」したとか、「変身忍者嵐」とか、「ヒントでピント」の奥様w等、色々なイメージがあるかと思いますが、自分的には「レッド・ビッキーズ」の印象が強いかな。

メビウスで見たときは懐かしさと、その丸顔ぶりに驚きました。w



そういえば林さんの娘さんも無茶苦茶綺麗でしたね。

お母さん同様早婚で、あっという間の引退。

まだ20代のはずだし、もったいないよなあ・・・

Category: ウルトラヒロイン

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。