FC2ブログ
1998 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  1999 10

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

STORY1『初めての戦い』・・・①グビラ登場

 【10//2011】

真冬が海に

真冬は海に来ていた。

地球の生活にも随分慣れてはきていたが、やはりメアリー(注1)がいない事が真冬を不安にさせていた。

「メアリーさん・・・」

メアリーのおかげで、真冬は地球の文化をある程度学ぶ事が出来た。

しかしやはり不慣れな環境で実際に生活を送る事は、少なからず真冬にとってストレスとなっていた。

今日は気晴らしになればと思い、一人海にやってきたのだ。


その頃、真冬がいるビーチのはるか上空に謎の円盤の姿があった。

謎の円盤

「あの娘、地球人じゃないな…まさか、光の国の者か?」

「いや、光の国の者なら、我々に感づくだろう…あの娘には全く、そんな素振りが見えない…」

「なら試してみるか…」

真冬のビキニ

「ワタシはこの星で、何をすればいいんだろう・・・」

一人物思いにふけっていた真冬は、ふと何かの気配に気づく。

何かを発見

この付近に何かがいる・・・・

真冬がそう思った瞬間、目の前にとてつもなく大きな物体が現れた。

グビラ

「!!!」

それは今までに見た事がなかった生命体だった。

しかし他の星から来た生命体という訳ではなさそうである。

「地球にも、こんなに大きな生命体がいたなんて・・・」

グビラ接近

「まずいわ、逃げないと…」

真冬は一目散に、その巨大生物から逃れるように走り出した瞬間、

逃げる真冬

“レオーヌ!レオーヌ!”

逃げる真冬の耳に、何者かの声が届く。

「えっ、誰?私を呼んだの…」

真冬は突然聴こえてきた声の主に、心の中で語りかけた。


“今貴女の前に現れたのはグビラ…地球の深海に棲息する怪獣よ…”

「グビラ?怪獣?」

“何者かが貴女のいる場所にグビラをテレポートさせたのよ。誰かは解らないけど、間違いなく、貴女の事を狙ってるわ…”

「私を…」

“逃げる事なんて出来ない…助かるには、貴女が戦うしかないわ…”

「戦うって…」


これまで一度も戦った経験のない真冬は、その言葉に戸惑いを隠す事が出来ない。

そして真冬はこの時、ある事に気付く。


“あれっ?何でワタシの名前を知ってるの?”


「メアリーさん?貴女メアリーさんじゃ…」

真冬は声の主に問いかけたが、その声の通信は途絶えてしまった。

“それとも、あの宇宙人のおじさん(注2)?でも、女の人の声だった…やっぱり、メアリーさんだったんじゃ…”

考えながら走っていた真冬は足をとられ、その場で転んでしまう。

そして真冬の目の前にはグビラが。

追い詰められた真冬

『どうしよう…』

すると、真冬の左手のリングがキラリと光った。

リングが光る

「!?」

確かに今のままではグビラにやられてしまうだろう。

覚悟を決めた真冬はその場でポーズをとった。

変身ポーズ

「レオーーーヌ!!!」

スパーク

グビラは、目前にいた少女が放つ眩い白光に驚いていた。

そして次の瞬間、グビラの前に赤い女性巨人が現れた。

レオーヌ登場


※注1・・・登場キャラ⑨メアリー
※注2・・・登場キャラ⑦謎の宇宙人



さあ、ついにレオーヌの地球での戦いが始まりました。

なぜ、この季節に海?

海に誰も人いないの?

なんてツッコミは控えていただけると嬉しいです。w

Category: 1『初めての戦い』

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

STORY1『初めての戦い』・・・②レオーヌの必殺技

 【11//2011】

謎の円盤

「あれが本来の姿か・・・非常によく似た種族だが、光の国の者ではないな・・・」

「どの程度のものか、お手並み拝見と行こうか。」

不慣れなファイティングポーズ

グビラと相対したレオーヌは、とりあえず戦闘ポーズのような構えをしてみせた。

『本当にワタシは戦う事ができるの?』

不安なレオーヌ

どこか頼りなげなそのポーズは、これまで一度も戦闘経験のないレオーヌの不安を現しているようであった。

すると、そんな不安を察したかのように、グビラは前ヒレと両足の反動を使ってレオーヌに飛びかかっていく。

宙に浮くグビラ

「きゃあっ!!」

不意を突かれたレオーヌは咄嗟にかわそうとしたが、避けきれずにグビラの体当たりを受けて倒れてしまう。

飛び掛るグビラ

「うっ…」

幸いな事にグビラの鼻先にあるドリルはかわした為、大事に至らなかったが、それでもグビラの巨体に体当たりされたダメージあった。

レオーヌが倒れたまま動けないでいると、グビラの鼻先のドリルが音を立てて回り始めた。

ドリルが

「チュイーーーン!!!」

グビラのドリルがレオーヌの隆起した胸元に向かって接近していく。

胸に

「チュイーーーン!!!」

そして高速で回転するドリルの先端がレオーヌの乳首に触れた瞬間、性感を刺激されたのかレオーヌの身体に電流が走った。

ドリル回転

「!!!」


それはまだ若いレオーヌには初めての経験で、そのおぞましい感触に驚いたレオーヌは反射的に自分の右足でグビラを蹴りあげた。


「いやああーーっ!!!」

キックが目に

グサッ!!!

すると、偶然にもレオーヌの右足のヒールがグビラの左目を直撃し、グビラはうめき声をあげながらその動きを止めてしまう。

危機一髪

“アオーーーッ!!!”

「!!!」

間一髪難を逃れたレオーヌはその場でグビラの様子をうかがっている。

考えるレオーヌ

“もしグビラのドリルをまともに受けていたら…”

レオーヌはこの初めての戦闘で“生命の危険”という恐怖を味わっていた。

そしてそれが、レオーヌの中に眠っていた“能力”を覚醒させるきっかけとなった。

「そうだ…殺らなければ殺られる・・・そういう事なんだ…」

レオーヌが飛ぶ

レオーヌはグビラが動けなくなってるのを見ると、すかさず上空に飛び上がり、空中でキックのモーションに入る。

キックのモーション

それはレオーヌが意識的にとった行動ではなく、この窮地に本能的に出た行動であった。

モーションに入ったレオーヌの身体は一直線に地上にいるグビラに向かって行く。

レオーヌ・キック

そしてレオーヌの足から眩い白光が放たれると、ドリルの付いたグビラの鼻先にキックが直撃した。

キックが命中

レオーヌのキックを受けたグビラはその場に静かに崩れ落ち、次の瞬間、激しい爆音と共にグビラの巨体が木端微塵に吹っ飛んだ。

グビラ爆発

「はっ!?」

グビラの爆発音を聞いて、レオーヌはようやく我に返った。

「ワタシ、一体・・・」

自分がやったにも関わらず、レオーヌはグビラを倒した事をにわかに信じる事が出来なかった。

無我夢中で決めたキックが、一撃であの巨大な怪獣を葬り去ったのである。

「どうしてワタシにそんな力が・・・」

謎の円盤

「なかなかやるじゃないか、あの小娘。光線技も使わずグビラを倒すとは。」

「いや、きっと使えないのだ。光の国の者なら使っている・・・」

「という事はやはり・・・」

「断言していいだろう。非常によく似ているが、あの小娘は、光の国の者ではない。」

「フッフッフッ・・・しかし、面白い存在には違いない・・・」

「ああ。研究材料にはうってつけだ。」


Category: 1『初めての戦い』

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

STORY1『初めての戦い』・・・③レオーヌの決意

 【12//2011】

勝った

“レオーヌ!”

『?!』

戦闘を終えたレオーヌの元に再び、謎の声が届いた。

“ワタシの睨んだ通り・・・やっぱりアナタは凄いわ・・・”

『貴女は一体誰なの?貴女はグビラを倒す方法知ってたんじゃないの?どうして戦っている時何も言ってくれなかったの?』

“必要なかったからよ・・・”

『えっ?』

“貴女は今までたった独りで生きてきた。それが貴女の一番の強さの素。頼る相手が出来る事は貴女にとってマイナスになりかねないわ・・・”

『でっ、でも・・・』

“分からない事は教えてあげる。だけど、これからも、戦うのは貴女自身よ・・・”

その言葉を最後に、謎の言葉は再び聞こえなくなった。

レオーヌの決意

『戦うのは・・・ワタシ自身・・・』

レオーヌはその言葉を噛み締めていた。

謎の声は、何者かがレオーヌを狙っている、とも言っていた。

これまで安息の地を求め続け、それで辿り着いた星がこの地球である。

考えて見れば色んな星で敵に襲われ、その度に逃げて今まで生き延びてきた。

しかし今回初めて敵と戦い、勝利を納める事で自分は生き延びた。

結局、地球に限らず自分の為に用意された安息の地は、この宇宙の何処にもないのかもしれない。

それがどの惑星であろうが、自分自身の力で安息の地にするしかないのだ。

『今ワタシはこの星で暮らしている。この星で生きていく為にも、この星の人達に迷惑を掛けない為にも、ワタシは戦い続ける。』

地球に留まろうが他の星に行こうが、今後も自分を狙う者が現れるに違いない。

自分はきっと何かと戦わなければいけない運命なのだと、レオーヌは自覚した。

レオーヌの背後に

-STORY1 END-



レオーヌの最初の戦いはこれで終わりです。

この流れのまま、STORY2へと続きます。

Category: 1『初めての戦い』

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

STORY2『狙われたレオーヌ』・・・①ケムール人登場

 【13//2011】

レオーヌの背後に
グビラを倒したレオーヌがホッと一息ついた瞬間、彼女の後方に大きな影が現れた。

気配
「!!」

怪しい影
気配を感じたレオーヌが振り返ると、そこには得体の知れない宇宙人の姿が。

ケムール人
「フッフッフッ・・・あの怪獣を倒すとは。なかなかやりますねえ、お嬢さん・・・」

レオーヌとケムール人
「だっ、誰なの?」

「ワタシはケムール星から来た者だ。」

「ま、まさか、さっきの怪獣は・・・」

「そうだ。深海にいたあの怪獣を呼び寄せたのはワタシだ。」

「な、何の為に?」

「我々の星では今、星人の高齢化が大きな問題となっている。」

「?」

「その対策の為に我々は、若い生命体を探し求めて、様々な惑星を回っているのだ。」

「ま、まさか、アナタ達は他の星の生命体を・・・」

「そうだ。我々ケムール人の身体に他の惑星の生命体を取り入れ、不老不死の肉体を造り上げるのだ!」

「そんな!自分達の為に他の星の人達を犠牲にしようっていうの?!」

「ああ。特に地球人の肉体は素晴らしいからな。しかし、我々はそれ以上に興味深い存在を見つけた。」

「えっ?」

「光の国の者に似ているが、そうではない・・・しかし、似ているという事は、彼らに近い能力があるんじゃないか?そう思ってね・・・」

「?!」

レオーヌはようやく、ケムール人が自分に目をつけている事を悟った。

「それでキミの能力をテストする為に、あの怪獣を呼んだんだ。キミは我々の睨んだ通り、素晴らしい力を持っている。教えてくれないか。キミは一体何処の星で生まれたんだ?」

「ワタシは気が付いた時には独りで宇宙を彷徨っていた・・・だから、生まれた星も、両親も知らないわ!」

「ほう・・・自分が何星人かも分からないと・・・ますます興味が沸いてきた。それならなおのこと、キミのその魅力的な肉体を隅々まで調べさせてもらおうか・・・」

企むケムール人
そう言ったケムール人の目がギラリと光り、レオーヌのはち切れんばかりの肉体を嘗め回すように見つめてくる。

レオーヌの肉体
「な、何するつもりなの・・・」

「本当なら、光の国の者を手に入れたいのだが、彼らを捕らえる事は実に困難だ。その点、キミは彼ら程の力はない・・・それに・・・若い女性となると、もう一つ楽しみが増えるからな・・・」

ケムール人は困惑するレオーヌを見つめながら、意味深な言葉を発していた。

Category: 2『狙われたレオーヌ』

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

STORY2『狙われたレオーヌ』・・・②ケムール人の攻撃

 【14//2011】

困惑するレオーヌ
『まずいわ・・・あの怪獣と戦ってたから、体力がもう残ってない・・・』

レオーヌ消える
レオーヌはとりあえずケムール人から逃れようと、一旦人間体に戻った。

企むケムール人
「フッフッフッフッ・・・」


「はあっ、はあっ・・・」
逃げる真冬
真冬になったレオーヌは、ケムール人に捕まらないようにと一生懸命走っていた。

「人間の大きさだったら、きっと目に付かないわ・・・でも、きっとまたワタシを狙ってくるに違いない・・・」

真冬がそんな事を考えながら走っていると、

「!!」
ケムール人とバッタリ
「フッフッフッフッ・・・」

目の前に、人間体の大きさのケムール人が真冬の行く手を阻むように立っていた。

しかしその体格は、日本人の女子高生をモデルにした真冬よりもはるかに勝っている。

「はっ?」
挟み撃ち
気配を感じた真冬が振り返ると、そこにはさらにもう一体のケムール人の姿があった。

しかしこの2人は先ほどの巨大ケムール人とは別個体のようである。

『そんな・・・2対1だなんて・・・』

危機的状況に真冬が困惑していると、ケムール人の一人が真冬に話しかけてきた。


「地球人の少女よ。ワタシ達は“赤い巨人”を探しているのだが、君は知らないかい?」

「!!」

真冬はケムール人の意外な言葉に驚いた。


『この人達ワタシをからかってるの?いや、もしかして本当に知らないんじゃ・・・』

どちらにしても、自分が圧倒的に不利だという状況には変わりはない。


「し・・・知らないわ・・・」

真冬は一か八か、2人に対しとぼけたふりをしてみせた。

しかしそれは若さゆえのあまりにも幼稚な判断に過ぎなかった。


「ハッハッハッハッ・・・とぼけちゃ困るな、お嬢ちゃん。」

「な、何いってるんですか?ワタシは何にも知らないです!」

「ほう。あくまで白を切るつもりかね。それじゃあ証拠を見せてあげよう。」

「!!」

ケムール人はそういうと一斉に頭部からビームを発射した。
ケムール人の攻撃

「きゃあああっ!!!」

身体中に電流が走り、真冬はたまらず苦悶の声をあげてしまう。

しかしケムール人は全く容赦する事無く真冬にビームを浴びせ続けた。

Category: 2『狙われたレオーヌ』

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

STORY2『狙われたレオーヌ』・・・③追い詰められたレオーヌ

 【15//2011】

「きゃあああっ!!!」

ケムール人の攻撃

ケムール人は真冬に容赦なくビームを浴びせ続けていた。

真冬は意識が遠のきそうになったものの、突如ケムール人が攻撃をやめてしまう。

『・・・・?』

正気に戻った真冬は一瞬ほっとしたものの、自分の姿を見て愕然とする。

半変身

「こ、これは・・・」

何と、真冬の顔以外の部分がレオーヌの体に変わっていた。

恐らく人間体のままではケムール人の攻撃に絶えられないので、レオーヌとしての防衛本能が肉体を変化させたのだろう。

困惑

「フッフッフッ・・・随分変わったカッコをしてるねえ、お嬢さん・・・」

「とても地球の生命体とは思えないなあ・・・ハッハッハッ・・・」

2人のケムール人はうろたえる真冬の姿を見て高笑いしている。

考える真冬

『どうしよう・・・完全にレオーヌの姿に戻るほどのエネルギーは残ってない・・・でも、今の状態なら、人間体の時よりかはパワーが発揮できるはず・・・』

考えた真冬は「半変身状態」のまま、ケムール人に戦いを挑んだ。


「えいっ!!」

キック炸裂

真冬は一人のケムール人に跳び蹴りを浴びせていく。

「やあっ!!」

もう一発

さらに真冬は、向かってきたケムール人にもカウンターのキックを浴びせていった。

しかしその攻撃は、レオーヌの本来の力に到底及ばず、2体のケムール人は平然としている。

効果なし

「フッフッフッ・・・」

「その程度で我々を倒せるとでも思ったかね・・・」

真冬の攻撃力を把握したケムール人は余裕綽々の様子で、「攻撃をしたければどうぞ」とばかりに無防備な態度を見せている。

どうしよう

『ダメだわ、やっぱり通用しない・・・だけど今のままじゃ空も飛べないから、逃げる事も出来ないわ・・・』

2人のケムール人に追い詰められ、困惑するレオーヌは、その背後に迫る新たな影に気づく余裕もなかった。

背後に立つ影

Category: 2『狙われたレオーヌ』

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。