FC2ブログ
2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

カテゴリ:レオナビ の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

レオナビ①「ウルトラヒール」

 【04//2011】

ウルトラヒール
ウルトラヒール(Ultra Heel)
レオーヌの踵部分から伸びる突起物。光の国の種族、もしくはその近い種族の女性に見られる身体的特徴。

レオーヌの足元を見てみると、踵の部分にハイヒールのような突起部分が確認できる。

これは「ウルトラヒール」と呼ばれるもので、主に光の国の種族の女性に多くみられる身体的特徴である。

レオーヌの場合、母親であるイライザが(光の国の種族に近い)「獅子座L77星」の「王族」である事と、イライザに蘇生術を施したのが「光の国の種族」だった為に、「ウルトラヒール」を所有していると思われる。


・「ウルトラヒール」はその種族の女性の中でも、特に「王族」や「戦士」の家系に多く見られるモノで、それが備わった理由として、次の2つの説が有力とされている。
①(特に王族として)女性の象徴である『肉体的な美しさ』をアピールする為
②(特に戦士として)肉体的に男性に比べて劣っている『威圧感』を補う為

・「ウルトラヒール」は種族の女性達なら必ずしも備わっているというモノではない。しかも「ウルトラヒール」自体に「特別な能力」があるという訳ではなく、実際に「王族の女性」や「優秀な女性戦士」の中にも「ウルトラヒール」を持たない者が存在するので、「ウルトラヒール」の有無が「種族として優秀」かどうかという事に繋がるとは限らない。

・光の国の種族には、『肌』と『衣服(装身具)』といった概念がないので、「ウルトラヒール」は『肉体の一部』と解釈されている。

イライザ
マリー
レオーヌの母「イライザ」(画像上)の足にも「ウルトラヒール」が確認できる。
しかし光の巨人を救った銀十字軍の「マザー・マリー」(画像下)は、光の国の歴史上数少ない『奇跡のパワー』の持ち主でありながら、その足には「ウルトラヒール」が付いていない。

※「ウルトラヒール」は種族の女性特有のものであり、男性にできる事はない。しかし男性の場合「ウルトラヒール」に類するものとして「ウルトラホーン」という頭部に生える角があるが、これも「ウルトラヒール」同様、所持していることが必ずしも「種族」として「優秀」かどうかの判断に繋がるとは限らない。

謎の巨人
オーガ星でレオーヌを救った「謎の巨人」にも、ウルトラホーンらしきモノが・・・。



「レオナビ」は早い話が「レオーヌ・ナビ」という事で、このblogの世界観に関する「特記事項」を、不定期的に発信する予定です。
まあ、「メビウス」の「メビナビ」とおんなじです。(汗)

ネット上のウルトラ系ヒロインにはこういう「ヒール」が付いている事が多いのですが、まあ「ウルトラヒール」というのはあくまでこのblogの世界観の中での「独自の解釈」という事でご理解下さい。

あと、このblogでは基本的には「ウルトラ」という呼称は使わないつもりでしたが、適当な語句が見当たらなかったので、「ウルトラヒール」「ウルトラホーン」という呼称を使いました。(汗)


Category: レオナビ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

レオナビ②「レオーヌ・リング」

 【15//2011】

レオーヌ・リング
レオーヌ・リング(Leoone Ring)

レオーヌは左手にはめている変身アイテム「レオーヌ・リング」を使って変身するんだ!

変身

海水浴なんかでリングを外してしまった時も、

逃げる真冬

ピンチになったら、左手に「レオーヌ・リング」が現れて、変身できるんだよ!!

リングが光る
変身ポーズ
レオーヌ変身



メビウスをご覧になった事のある方は、「メビナビ」風に読んで見てください。(笑)

Category: レオナビ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

レオナビ③「半変身状態」

 【20//2011】

半変身
半変身状態。(Half Transform)
レオーヌの「意思」に関係なく、彼女自身の「防衛本能」によって起きる状態。

レオーヌは地球での活動において「半変身状態」になる事がある。

これは地球上での活動時間に「制約」があるレオーヌの本能的な「自己防衛手段」で、本人の意思によるモノではない。

・半変身状態は攻撃や防御において、人間体より能力は高いが、レオーヌ本来の能力には及ばない。故に「レオーヌ・キック」も使えない。

・半変身状態では地球人同様、活動時間の制約はない。

・半変身状態は人間体の大きさにしかならず、巨大化は不可能。

・半変身状態になるのは、主に次の2つの場合。

①「人間体」真冬の時に相手の攻撃でダメージを受けた場合。
②「レオーヌ」が大きなダメージを受け、なおかつ敵がまだ周辺に存在する等、危機的状況に置かれている時。

・半変身状態では「人間体」としての意識が強い為、真冬の感覚では「全裸」の状態である。その為人間としての「羞恥心」がその活動の妨げになる場合がある。

半変身



いやはや、こんなに早い段階でこのシチュエーションになるとは。(汗)

あんまり乱発はしたくないのですが、結構このシチュエーション、好きなんだよなあ・・・(再汗)

Category: レオナビ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

レオナビ④「謎の声」

 【22//2011】

逃げる真冬
謎の声(Mysterious Voice)
レオーヌがピンチの時に聞こえてくる声。その正体は不明。

真冬がグビラに襲われた時、「謎の声」が真冬に、レオーヌに変身して戦うようにアドバイスした。

その後も、レオーヌが何者か(ケムール人)に狙われてる事を教えてくれたり、ダロンを相手に苦しんでいるレオーヌの為に、怪獣ドルガを助っ人に呼んでくれた。

勝った 火炎攻撃

しかし発言の内容やタイミングが曖昧で、それが能力の限界なのか、レオーヌが地球で頑張る為にあえてそうしているのかは不明。

「地球にいた事がある」という発言から、レオーヌはその声の主が「メアリー」だと思っているが果して?



登場キャラではなくレオナビ扱いにしたのには一応理由があります。

という事はやはり・・・w

まあそのうち正体が明らかになるかと・・・

Category: レオナビ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

レオナビ⑤「宇宙の様々な法律」

 【08//2011】

「惑星治安維持法」(抜粋)

・太陽系第3惑星地球を「宇宙保護対象指定惑星」とする。

・「宇宙保護指定地区」には、異星人でも定められた条件を満たすものに限り、「常駐警備員」として一定期間の滞在を認める事とする。

・「常駐警備員」は、あくまでその惑星の「治安維持目的」において、滞在が認められる。

・過度の保護はその惑星の発展の妨げになる恐れがある為、「宇宙保護対象指定惑星」に同時期に滞在できる「常駐警備員」は1名に限る。

・但しその惑星の治安状況により、「常駐警備員」としての条件を満たすものであれば、支援活動を行うことが出来る。

・「常駐警備員」の資格が与えられるのは、M78星雲内「光の国」が管理する以下の組織に所属する者に限る。
 ①銀河連邦警備隊
 ②医療法人銀十字軍

・「常駐警備員」の任命権は、以下の者にのみ与えられる。
 ①銀河連邦警備隊大隊長
 ②医療法人銀十字軍隊長



これは管理人が勝手に作った法律で、あくまでこのblogの世界観の中のものです。(汗)


だから「光の国」の種族でなくても、警備隊か銀十字軍に所属していれば、「常駐警備員」の資格があるって事です。(まあ、かなりのレアケースですが。)

ストーリーの中でダンが心配していたのは、彼の話に出てくる赤い巨人(レオーヌの事)が、この法律を犯しているのでは、って事なんですね。

そのダンをびびらせている「メアリー」というキャラは、どうやら過去に「銀河連邦警備隊」に所属していたものの、やめた後に地球に滞在していたようです。

つまり、明らかにこの法律に触れているのに、ダンは何故かこの「メアリー」に対して強く出る事ができません。

さてさて、この「メアリー」とは一体何者なんでしょうか?w


Category: レオナビ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

レオナビ⑥・・・M80星

 【19//2012】

M80星
・M80星
 光の国の中にある小惑星。
 国王は銀河連邦警備隊のヤマト。
 
 元々無人惑星だった為に、施設の建設用地となる。
 警備隊の研修センター、極秘会議場、刑務所等、様々な施設が存在。
 本来居住目的の星ではなかったが、施設の管理者や長い刑期を終えて出所した者等、
 高齢の為に母星に戻れ(ら)なくなった星雲人達が住み着くようになり、
 国家として統制が求められるようになったところ、ヤマトが志願して国王となった。

 国王といえば聞こえがいいが、感覚としては「村の村長さん」「老人ホームや養護施設の管理者」
 という感じで、苦情をいわれながら雑務に明け暮れる日々を送っているのが実態。
 
 それを承知でヤマトが自ら名乗りをあげたのには、理由が有った。

 彼が生まれたのは、M80星に程近い「バックル星」という田舎の小惑星で、自身は普通の家庭の子だったが、
 近所の裕福な家庭に育った「わがまま放題のお転婆お嬢様」ジュリアンとよく遊んでいた。

 そしてその頃2人の絶好の遊び場だったのが、「M80星」だった。

 刑務所もある惑星なので、子供達だけで行ってはいけない、と散々大人達から言われてたものの、
 様々な施設のあるその星は、彼等にしてみれば興味満載の「秘密基地感覚」だったのだろう。

 ヤマトが国王の座についたのは思い出の星「M80星」への恩返しだったのだ。



 早速つじつま合わせの第1弾(^_^;>

 こんなことなら、最初から「M80星」出身、という設定にしとけば楽だったのに・・・
 何かヤマトの「人格者エピソード」みたいなのを作りたくて、設定がごちゃごちゃしちゃいました(^_^;

 まあ辻褄あわせって結構楽しいし、本家●谷の得意技でもあるので(コラコラ)(^o^;>

Category: レオナビ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。